手術前に確認!名古屋で眼科の手術ができるクリニックガイド
信頼性で選ぶ
名古屋で手術ができる
眼科をまとめました

名古屋で眼科の手術に対応したクリニックをまとめたサイトです。
それぞれの病気別に特徴や費用などをまとめただけでなく、手術を受ける前の注意事項についてもまとめました。

「手術前に確認!名古屋で眼科の手術ができるクリニックガイド」の画像

眼科で扱っている主な病気

それぞれの病気で手術実績が掲載されている名古屋の眼科をまとめています。

白内障を患うと、水晶体が白く濁り視力が低下します。

80代以降になると罹患率が高くなるので、中高齢の方は特に気を付けなければなりません。

白内障の手術ができる
名古屋の眼科を見る

緑内障は、眼圧が高くなり視神経が傷むことで起きるといわれています。

軽症のうちは気づきにくく、進行してから視野のかけが発覚する病気です。

緑内障の手術ができる
名古屋の眼科を見る

飛蚊症は、糸くずやゴミのような物体が視界に入る病気。

近視の人や60代前後の人が起こりやすく、目を動かす前後で物体が変形するのが特徴です。

飛蚊症の手術ができる
名古屋の眼科を見る

加齢黄斑変性は、物が歪む、あるいは中心が黒くなって見える病気です。

加齢によって黄斑部に老廃物が付き、網膜に異変が現れると考えられています。

黄斑変性症の手術ができる
名古屋の眼科を見る

近視は遠くの物がぼやけて見え、遠視は近くの物がぼやけて見える症状です。

乱視は角膜・水晶体が歪んでピントが合わなくなり、二重に見えたりぼやけたりします。

近視/遠視・乱視の手術ができる
名古屋の眼科を見る

細菌性結膜炎は、粘りのある黄色味がかった目やにが多く出て、白目が充血する病気です。

細菌・ウイルス・アレルギーと色々な原因が考えられます。

結膜炎の手術ができる
名古屋の眼科を見る

翼状片は、血管のある増殖組織(良性腫瘍)が伸びて、目が充血して見える病気です。

常に充血して見えるだけでなく、進行すると乱視になる恐れがあります。

翼状片の手術ができる
名古屋の眼科を見る

斜視は眼位のズレや、まぶしそうに片目をつむる症状が現れる病気です。

物が二重に見える人もいるなど、程度は人によって大きく異なります。

斜視・弱視の手術ができる
名古屋の眼科を見る

ものもらいは、瞼の一部または全体が腫れ、痛み・痒み・不快感といった症状が現れるものです。

細菌感染、もしくは分泌腺詰まりによるものの2パターン存在します。

ものもらいの手術ができる
名古屋の眼科を見る

眼科で扱っている主な手術方法

レーシックは、レーザーを角膜に当て視力を矯正する手術です。

近視・遠視・乱視を改善するのに用いられています。

レーシックの手術ができる
名古屋の眼科を見る

ICL

ICLは眼内レンズを移植して、角膜を削ることなく視力を矯正する手術です。

レーシックが不適応となる重度の近視の治療にも対応できます。

ICLの手術ができる
名古屋の眼科を見る

手術前に見ておきたい!眼の不安を眼科医に相談できるサイトを紹介

「くりっくeye」では、様々な眼の病気や症状について原因と治療法を紹介しています。

また同サイトでは、目の病気に関する悩みや疑問がある人向けに、眼科相談室を設置。

眼科の治療を受けるか悩んでいる人は参考にしてみましょう。

『くりっくeye』の公式HPの画像
引用元:くりっくeye/眼科相談室
https://clickeye.jp/advice/

保険診療は診察料も手術費用も1~3割の負担で済みますが、自由診療は全て実費で支払います。

レーシックもICLも原則自由診療になるため注意が必要です。

目の病気を治療する際は、保険診療・自由診療・選定療養のどれに該当するかで自己負担額が大きく異なります。

保険診療は1~3割負担、自由診療は全額自己負担、選定療養は保険診療の対象外となる部分だけ自己負担です。

目の病気を手術する場合は、日帰りか入院のどちらかで対応します。

日帰り手術は、基本的には他に病気がない人、体力のある若い人が対象です。

他に病気を患っていたり、高齢で体調を崩しやすかったりする場合は入院となるケースが多いでしょう。

白内障は、国内での失明率は低いといわれています。しかし放置していると進行し、視力の低下や失明する恐れがあるものです。

他の病気も同様に、早期治療が望ましいとされています。

名古屋にある眼科一覧

名古屋にある眼科一覧

名古屋にある眼科をまとめています。診療情報だけでなく口コミや評判も紹介しているため、クリニック選びの際に是非ご参考ください。

名古屋にある眼科の一覧と口コミを見る